日々の暮らしで見つけたキラっと輝く小さなもの、と楽しいこと。


Category: キラっと輝くものやこと

和風なタイニーハウス
[ 0 ] 2014/06/25

和風なタイニーハウス

「小さい家ムーブメント」が深化してきているようです。スモールハウスからタイニーハウスへ。ダウンサイジングからス […]

ほんと、いい顔です!
[ 0 ] 2014/06/08

ほんと、いい顔です!

FB友の中矢澄子さん写真集「家族」を拝見しました。田舎のじいちゃん、ばあちゃんたちの「いい顔」にシビレました! […]

杉浦日向子さん「憩う言葉」
[ 0 ] 2014/05/30

杉浦日向子さん「憩う言葉」

実にのんびりした気持ちになりました。 「何事もない毎日こそ最高の幸せ」「ぼ~とした時間こそ宝物」なんだと。 下 […]

煙のにおい、海辺のにおい
[ 0 ] 2014/05/09

煙のにおい、海辺のにおい

記憶をよびさます力がもっともすぐれているもの、それは「嗅覚」です。その不思議と感動を、レイチェル・カーソンは『 […]

鳥と人との少しいい話
[ 0 ] 2014/04/24

鳥と人との少しいい話

思いやりとは人間同士だけではないんだな~と感じた、実にじつにちっちゃな「いい話」を偶然読みました。 出会いは「 […]

折りたためる家
[ 0 ] 2014/04/06

折りたためる家

「住まい」というのは実に奥深いものだな~と最近感じます。 「暮らし」の空間だけではなくて、「感性や生き方」を育 […]

ケストナーの心温まる詩
[ 0 ] 2014/03/25

ケストナーの心温まる詩

ブログを書くようになってから、新しい本を読むよりも昔読んで印象深かった本を再読するようになりました。 それを文 […]

パソコンを捨てた会社
[ 0 ] 2014/03/05

パソコンを捨てた会社

私が20代の頃、仕事場にパソコンはありませんでした。今では電気や自動車のようになくてはならないもの?それじゃ昔 […]

小野田さんの「養生訓」
[ 0 ] 2014/02/27

小野田さんの「養生訓」

小野田寛郎さんの遺作となった『生きる』に、このような問いがあります。「あなたにたずねたい。一番大切なものは何か […]

仕事の目的は二つある
[ 0 ] 2014/02/25

仕事の目的は二つある

人は「何かを作り続ける生き物」です。ですから「仕事」とは私たちの本性でもあります。その「仕事」に価値がないとし […]

内職のおばちゃんブランド
[ 4 ] 2014/01/30

内職のおばちゃんブランド

この記事を載せたのはもう3年前になります。 でも自分自身この話がとても好きなんです。 「どんな仕事にも独創はあ […]

写真家「つげ義春」
[ 0 ] 2014/01/23

写真家「つげ義春」

漫画界の奇才、異才、天才とでもいうべき「つげ義春」。『芸術新潮』1月号で彼の特集が組まれました。彼のカメラ偏愛 […]

茨木のり子「友人」
[ 0 ] 2014/01/06

茨木のり子「友人」

まるで女学生たちのように、オヤジたちも友達つくりを加速しています。facebookで。この私も。これからどう変 […]

自然に生かされている、という実感
[ 0 ] 2013/11/11

自然に生かされている、という実感

  深まる秋11月1日の平日、独創村の仲間達と薬莱山のふもとに行ってきました。 我々にとって仕事場の […]

温故知新『武士道』より
[ 0 ] 2013/11/06

温故知新『武士道』より

古典と言われる書を読みながら、今行っていることに、あらためて本質的な意義を見出すこの頃です。 「温故知新(おん […]

アニメの元祖「葛飾北斎」
[ 0 ] 2013/10/31

アニメの元祖「葛飾北斎」

アニメは日本のお家芸。そりゃそうです! 江戸時代に葛飾北斎が描いた『北斎漫画』は、漫画というよりアニメそのもの […]

小さいことも素晴らしい!
[ 0 ] 2013/10/25

小さいことも素晴らしい!

「小さいことは素晴らしい!」数年前まで私はこの言葉が逆説に思えていました。今では一文字変えて「小さいことも素晴 […]

「鳥羽僧正」と会う
[ 0 ] 2013/10/18

「鳥羽僧正」と会う

歴史の教科書に載っていた「鳥獣戯画」、動物たちがまるで人間と同じように相撲をとったり、かけっこをしたり楽しそう […]

隠された図書館
[ 0 ] 2013/10/15

隠された図書館

図書館はみんなの場所、ではない!? この山奥にある図書館は、ある限られた住民だけが入館できるそうです。 とても […]

本嫌いだった宮崎駿さん
[ 0 ] 2013/10/02

本嫌いだった宮崎駿さん

宮崎駿さんは本嫌いでした。というより大人の小説が苦手でした。それは「読まなきゃいけない」という強迫観念があった […]

粋に暮らす言葉
[ 0 ] 2013/09/10

粋に暮らす言葉

粋な姐さんだったな~。友達になりたかったな~。もう江戸時代へ移住しちゃったしな~。日向子さん、お酒の呑み過ぎに […]