今日も気分はニニ・ロッソ

[ 2 ] 2012/06/12

2012.6.9コンサート

 福岡に住む『今日も気分はニニ・ロッソ』の安田さん。今年も古川のプラネタリウムですばらしいラッパを吹いてくれました♪

f:id:kawasimanobuo:20120611115205j:image:w280

トランペットを夜空の星に向けて高らかに吹き上げるとき、まるでレーザー光線のように凝集された光が星空に向けて発射されます!

星空の彼方に去った愛しい人々への「想い」を、鋭い音の光にのせて届けるもの。。。それが「トランペット」です。

一昨日の夜に開かれた「星空とトランペットの夕べ2012」

追悼の曲が三曲ありました。

ひとつめは「ルイ・アームストロング」へ。ふたつめは「ニニ・ロッソ」へ。

そして最後は、今年の一月に逝去されたという安田さんの父上に向けての追悼の曲でした。

亡き父上の星に、きっと届いたことでしょう。私も目頭が熱くなりました。

・・・・・・・・

今年でもう六回目。毎年恒例となったボランティア・コンサート。大崎市古川の、これも恒例となった「プラネタリウム」で一昨日の夜行われました。

f:id:kawasimanobuo:20120611115207j:image:w240

奏者の「安田実男」さんは、以前の仕事の関係から私とは旧知の間柄です。

大崎市岩出山に住むトランペット好きの方が、かつて安田さんのブログ『今日も気分はニニ・ロッソ』にめぐり逢い、そのすばらしさに感動してここ古川に招待したのが始まりでした。

→『今日も気分はニニ・ロッソ』

ゆうべも満員の観客でした。毎回びっくりするのですが、お年寄りの方々がとても多いのです。

f:id:kawasimanobuo:20120611115209j:image:w240

・・・・・・・・

さて『いつも気分はニニ・ロッソ』の安田さんは、IT会社経営という仕事の合間をぬって、地元福岡のお年寄りの施設などを中心にボランティアコンサートをしております。

その数、年間三十回!

十一歳より習い覚えて約四十年、トランペットと共に生きてきた人生、惜しげもなく、多くの方々へそのすばらしき音を聴かせてくれています。

・・・・・・・・

えっ?こんな声が。。。

「トランペットと共に、っていうけどそれだけじゃないでしょう!」

そうです。学生時代のブラスバンドで一年先輩だったという「奥様と共に」も忘れちゃいけません。

なにせ奥様は、安田コンサートのマネージャー、司会、ミキサー、そして歌手までこなす「超片腕」です。

コンサートではさだまさしの『サナトリウム』を聴かせてくれました。もちろん夫の「バック・トランペット」で。

・・・・・・・・

コンサート終了後の定例の懇親会は、いつものようにプラネタリウムの中にあるレストランで開かれました。

ここで、コンサートを聴いた後食事をしていた他のお客様からまたもアンコール。

アルコールの前にまずはアンコールに応える安田さんでした。

f:id:kawasimanobuo:20120611115208j:image:w240

・・・・・・・・

さて、懇親会にはいつも遠くからファン(けっこう年配・・・)がやってきます。

今年も埼玉から、福島市から、そして弘前市からと集まってきました。

弘前市から来てくれたのは、ブログネーム「キョンタ」さんです。

実はキョンタさんは、福島の葛尾村に自給自足のコテージを建て、奥様と愛犬と自然満喫の生活をスタートさせていたのですが、昨年の3.11により、今は弘前に疎開しているのです。

パーティーでの話にはやはり、原発のこと、北九州の瓦礫受け入れのことなどがでてきました。

私は夜11時でおいとましましたが、その後の情報では、みなさんこの後カラオケに行ってラッパを吹き合ったということらしいです。

なんて元気なおんちゃん、おばちゃんたちでしょう!

・・・・・・・・

故水野晴郎さんは「水曜ロードショー」で語るあのセリフがトレードマークでした。

f:id:kawasimanobuo:20120611115557j:image:w280

「映画ってほんとうにいいもんですね~」

そしてその背景には「ニニ・ロッソ」作曲のトランペット・メロディーが流れていました。

この晩は「トランペットってほんとうにいいもんですね~」と、どこかの星で語っていたことでしょう。

もしかしたらそこにはシェークスピアもいたかもしれません。

彼も負けずに少し気取って、「ベニスの商人」のシャイロックの娘婿ロレンゾに、こう言わせていることでしょう。

「心に音楽を持たぬ人間、美しい音楽の調和にもたえて心を動かさぬ人間、きっとそれは謀反、策謀、略奪などをやりかねぬ人間なのだ」

参考
もしも言葉が音楽だったなら

・・・・・・・・・・

2011.11.5 わが宮城県大崎市古川のプラネタリウムで今年も安田さんのボランティアコンサートが開かれました。

その時の様子はこちらをどうぞ。すばらしいトランペットの演奏を聴くことができます!

http://blog.goo.ne.jp/j4947/e/7ef937e82ffbc33bbf2ab325255e6b9f

<以下安田さんのブログより>

11月5日、6日やっと実現した今年の宮城での演奏会が無事終わりました。
演奏のほうは自分としては不本意な部分もありますが、何より今年も実現できたこと、また宮城県大崎市の皆様にお会いできたことをカミさん共々喜んでいます。

1年5カ月ぶりの宮城は、まだまだ震災の傷跡があちこちに残っていました。
でも、震災前と少しも変わらない優しい町でした。
「また来たよ」
「楽しみにしてたよ。」
「今年は来ないかと思った。」
「やっと来てくれたね。」
「震災で家族を亡くして落ち込んでいたけど、元気をもらいました。」
・・・・・
どれも身に余る言葉でした。
演奏中に何度も涙が出てしまいました。
僕のほうこそ心から楽しませていただき、本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011.2.15より、村の掲示板[お知らせ]でニニ・ロッソ安田より「本日の曲をどうぞ」が始まりました。直接安田さんの最新録音の曲が聴けますよ。曲名やエピソードは安田さんのブログでどうぞ。

(独創村での更新は手動のため、最新の曲でない場合もありますのでご容赦を)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年新年のトランペットは「ジーザス・クライスト・スーパースター」からです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10年前まで安田さんには仕事でとてもお世話になっておりました。
でも今まで知りませんでした。故ニニ・ロッソのご家族にもご招待されるほどのニニを慕うトランペッターだったとは・・・

今日も気分はニニ・ロッソ http://blog.goo.ne.jp/j4947

2010年6月突然のメールで10年ぶりの再会!

彼は3年前から毎年、ボランティアで我が大崎市のプラネタリウムで独奏会を開いていたんです。マネージャー兼司会進行の奥様とピッタリ息のあったステージ、打ち上げは全国にいる彼のファンの皆様と一緒に夜も更けるまで談笑。その方々も独創的な人ばっかりでした。その日の様子はこちらでどうぞ。

IT会社の社長をしながら老人ホームなどを中心に日々心暖まる演奏活動を続けていらっしゃる安田さん。きっと皆の心を豊かにしてくれます。それこそ「みんなの独創村」の本質です。

推薦者:ノボ村長 エリア:みんなの広場 初出:2010.11.24 更新:2012.6.12

Category: いきいきマイウェイ, みんなの広場

Comments (2)

Trackback URL | Comments RSS Feed

  1. キョンタ より:

    先日は再会できて大変嬉しく思っています。
    二次会も大いに盛り上がって早朝(わたしにとっては)まで
    ワイワイやってました。来年は是非ご一緒に!
    とっても素晴らしい演奏会でしたね・・・・・・。
    文面の中の「何故か年配者が多い」というのは
    私も同感です。
    受付をお手伝いしたのですが視聴者平均年齢は50代後半くらいの
    ような気がします。

  2. 川嶋信雄 より:

    キョンタさん、お便りありがとううございます!
    それにしても、皆さんおそるべきパワーですね!肺活量を鍛えているせいでしょうか(笑)
    また来年お会いできることを楽しみにしております。
    来年は葛尾村から来れるといいですね。

コメントはこちらへ

CAPTCHA