子供の台風

[ 0 ] 2016/09/08

f:id:kawasimanobuo:20131016132400j:image:w360
(ブラマンクの絵)

『詩集ノボノボ』より

子供の台風

小学生の頃 私は台風が大好きだった

横綱の露払いをするように

初陣の風が ササーと草木をなぜまわすとき

とてもワクワクして

風にむかって 近づきつつある猛獣の

気配をかごうとしたものだ

・・・・・・・・

木造の貧弱な家々ばっかしの その頃は

窓が飛ばされないように

父親たちは 外から斜めに材木を打ち付けた

準備は万端 備えも上々

子供らは意気揚々

台風よ どこからでもかかってこい!

決して負けぬと 戦いに挑むような高揚感

・・・・・・・・

親に知られぬように 土手へと走る

川の水が 風にあおられ波立っている

いつもの落ちつきなどかなぐり捨てて

まるで川が呼吸しているようだ ドクドクと

木の枝も 自分の髪も

旗のように ちぎれそうにあおられる

こんな風なんかへっちゃらだい!

風に向かい 体を倒して押していく

・・・・・・・・

やがて空はかき曇り

大きな雨粒が 顔にぶつかる

よし、ひとまず陣地へ退却だ

走って家に帰る

あっというまに 風に加勢する雨の軍団

生き物を怖がらせようと咆哮する

戸や窓に大粒の雨粒が打ち付けられ

砦は 悲鳴を発しながら攻撃に耐えている

・・・・・・・・

母親は 心配そうな表情

父親は 落ち着いて新聞を読んでいる

しかし、やがて停電

親も私も まず押し黙る

暗い部屋のように 気持ちも暗くなる

懐中電灯、ろうそく点けて

父親は安全器のヒューズを見る

外の様子もうかがうが 雨風でよく見えない

しばらくして電気が点灯

ほっとして 不安も 高揚感も

どこかに行ってしまった

・・・・・・・・

子供時代の 台風経験は

あれやこれやに 引き継がれていった

キャンプや 探検ごっこ 冒険旅行

台風は 読書にだって影響したものだ

私は 台風の本が好きだった

夏目漱石『二百十日』

阿蘇山で 台風に向かう圭さんのたくましさ

私はこの本で ほんとに「豆腐や」にあこがれた

しかし 思春期以来の不眠症、昼夜逆転で

早朝に起きて仕事する豆腐やは

ぜったい無理と悟ったのも早かった

・・・・・・・・

昨日の台風

子供の頃のワクワク感など

もう、これっぽちもない

鍵を閉めたか 明日の出勤は大丈夫か

交通機関は動くのか

各地の被害はどうだろうと

めったに見ないニュースもつける

・・・・・・・・

何よりも心配することは

「フクシマダイイチは大丈夫か?」

味気ないこと 恐ろしいことこの上ない

それだけの

「大人の台風」になってしまった

(2013.10.17)

 

 

Category: キラっと輝くものやこと, 思いがけないこと

コメントはこちらへ

CAPTCHA