ノボノボ童話集「人生相談の達人」

[ 0 ] 2018年8月21日

「なぜ?」は人間ならではの言葉でしょう。しかし、その「なぜ?」が自分を傷つけてしまう場合もあります。当たり前であることにも「なぜ?」と問えばどうなるだろう?自分自身のセラピーとして書いてみました。

ノボノボ童話集

人生相談の達人

 隣の町に「人生相談の達人」がいるという。

 親しい友人数名が実際に相談したらしい。

 その効果を聞かされた彼は疑った。

 彼は理屈の通らないことが大嫌いな性格だった。

 そこで達人の家の前で観察を始めることにした。

・・・・・・・・

 最初に達人の家に入ったのは、

 足が不自由で痛そうに歩く男。

 入るときはつらそうな顔をしていた。

 たった数分後、男は笑ってその家から出てきた。

・・・・・・・・

 次に入ったのは子どもを連れた女性。

 子どもは小学生くらいだが、

 少しネジがゆるんだ感じの子だ。

 やはり数分後、母親は微笑んで

 子どもを抱きしめながら出てきた。

・・・・・・・・

 三人目はいかにも貧しそうな男。

 体はやせ細り、栄養が足りないようだ。

 この男も数分後には、

 晴れやかな顔でスキップしながら

 達人の家を出てきた。

・・・・・・・・

 彼はキツネにつままれたような気がした。

 もしかして催眠術か?と思った。

 好奇心旺盛な彼はそれを確かめるべく

 彼らを追いかけた。

・・・・・・・・

 晴れ晴れとした顔の彼らに聞いてみた。

 「大変失礼ではありますが、

 お悩みの内容はだいたい想像できます。

 しかし、数分でお悩みがなくなるとは、

 達人はいったいどんな回答をされたのですか?」

・・・・・・・・

 三人が話す内容は同じようなものだった。

 しかも、おどろくほど単純なものだった。

 このような会話がなされただけらしいのだ。

 三人の相談はみな、縮めていえばこうなる

 「なぜ私は不幸せなのでしょう」

 人生相談の達人はそれぞれにこう聞いたらしい。

・・・・・・・・

 足の悪い人には、

 「なぜ、両手や片足はまともなのでしょうか?」

 子どもが不憫な母親には、

 「なぜ、この子は普通に生きているのでしょうか?」

 貧しそうな男には、

 「なぜ、ここに来るファイトがあるのでしょうか?」

・・・・・・・・

 理屈っぽい彼だが、妙に納得できた。

 そう言われりゃ、たしかにそうだよな、と。

ノボノボ童話集
→「無敵の鎧」
→「妖怪ワケモン」
→「森の言葉」
→「究極の薬」
→「アキレスと亀」
→「宇宙への井戸」
→「思いがけない幸せ」
→「本屋の秘密」
→「美しき誤解」
→「サンタの過去」
→「車のない未来」
→「恐怖のミイラ」
→「一番暖かい服」
→「沈黙は金」
→「素晴らしき嘘」
→「未来から来た花嫁」
→「未来のお化粧」
→「幸せのタイミング」
→「リンゴ箱のもみ殻」
→「ストーブ隊長」

Category: いきいきマイウェイ, キラっと輝くものやこと, ほっこりすること, ユニーク人生, 大切みらい研究所, 新しい生き方

コメントはこちらへ

CAPTCHA