「おばちゃん」対「おんちゃん」

[ 0 ] 2015/06/18

まるでご当地キャラのような「愛らしさ」と「ぼけ具合」を併せ持った「おばちゃん」と「おんちゃん」の生態学です。

自分自身もその一人ではありますが。

「いつか来る、きっと来る」

そう、「おばちゃん」「おんちゃん」化は、だれも逃れられない私たちの宿命です。

なぜ「おばちゃん」を先に書くかといえば、それは「おばちゃん」のキャラのほうが濃いからです。

「オバタリアン」という別名はあっても「オジタリアン」というのはないですからね。

・・・・・・・・

日々様々な場所で「おばちゃん」たちの群れ?と出会います。

私は「おんちゃん」ゆえ、とても真似できない「おばちゃん」がたの習性にいつも感嘆しています。

笑ってしまいながらですが。。。

そこで「おばちゃん」「おんちゃん」反対習性辞典をつくってみようかと、バカなことを考えついたのでした。

f:id:kawasimanobuo:20141024113908j:image:w360
(北斎漫画より)

・・・・・・・・

ノボ反対習性辞典

おばちゃん
おんちゃん

あっぺとっぺである
へ理屈屋である

けっこう元気である
けっこう悩みが多い

常に食い物のことを考えている
常に呑むことを考えている

いつも腹をへらしている
いつも腹がもたれている

バッグが大きい
バッグを持たない

バッグをぶちまける
ポケットをあちこち探す

みんな同じ
みんな少し違う

よく笑う
よく怒る

脂っこいのが好き
あっさりが好き

おおざっぱ
どうでもいいことにこだわる

よくしゃべる
よく能書きをたれる

仲良しと旅行する
仲良しと酒を飲む

原色が好き
黒と灰色が好き

小腹が大きい
小腹が小さい

小銭に困らない
常に小遣いに困っている

物々交換が得意
あげるのが好き

発酵食品が好き
青魚が好き

パスタが好き
蕎麦が好き

カッコウを気にする
カッコウをつける

化粧品を死ぬまで買う
育毛剤を必ず買う

冷え性である
のぼせ症である

食べものはわき肉となる
食べものは腹肉となる

食べものは頭には行かない
食べものは頭で停滞する

関節が痛む
つま先が痛む

ひざにくる
腰にくる

プールの後まんじゅうを食べる
プールの後ビールを飲む

風呂で「極楽、極楽」とつぶやく
風呂で「あ~~」と叫ぶ

車のバックが苦手
のろのろ運転が苦手

韓国ドラマのファンである
韓国女優を整形と揶揄する

イケメンが好き
グラマーが好き

愛情が好き
愛嬌が好き

手はおにぎりと相性が良くなる
手は震えてくる

ダイエットをあきらめている
ダイエットを笑う

自転車が苦手
自転車にあこがれる

都会が好き
田舎が好き

安売りが好き
安物買いの銭失いと思う

ブランドが好き
高いのが好き

花が好き
メカが好き

買い物が好き
ドライブが好き

必ず割り勘
たまにおごることがある

見た目みな仲良し
見た目皆ライバル

歳の差がない
歳の差は絶対

手仕事が好き
自動化が好き

風呂が長い
風呂が短い

ゴシップが好き
ゴシップの評論が好き

自分へのご褒美が好き
若い子へのご褒美が好き

短髪である
少髪である

あきらめが早い
けっこう執念深い

パソコンなど使う気がしない
パソコンに使われている

人生は楽しむものと思っている
人生は苦悩するものと思っている

まだまだおもしろいのがありそうです。

そういえば葛飾北斎の「北斎漫画」なんかも、庶民の生態観察みたいで似たようなところありますね~。

by nobo

Category: おもしろいこと, ほっこりすること, キラっと輝くものやこと

コメントはこちらへ

CAPTCHA